「東京の液状化予測図」更新に関するアドバイザリー委員会

東京都では、1987 年(昭和62 年)3 月に「東京低地の液状化予測」を発行し、その後も多摩地域や港湾地域へ範囲を拡大しながら、ホームページでの公開等に取り組んできました。今回の更新は、前回改訂から概ね10年が経過し、ボーリングデータの蓄積により一層精緻な液状化予測が可能となったこと等によるものです。
予測図の更新にあたっては、液状化や地盤工学分野の専門家などで構成する「東京の液状化予測図更新に関するアドバイザリー委員会」を設置し、委員からの専門的な助言をいただきながら実施しました。

委員長 一般財団法人 産業施設防災技術調査会 代表理事  濱田 政則
委 員 国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所/港湾空港技術研究所 地盤研究領域長  森川 嘉之
関東学院大学 工学総合研究所 研究員  若松 加寿江